いばらきの農畜産物

今が旬!

今が旬の農産物

ニラ
ニラ
3月

滋養強壮効果の高さから、古くから漢方薬として利用されてきました。

根本の白い部分はシャキシャキした食感を楽しめるだけでなく、葉先の4倍近くのアリシンが含まれるので、根元ぎりぎりまで無駄なくいただきましょう。

強い香りは肉の臭い消しにもなり、ビタミンB1の吸収を促すので、肉料理との相性は抜群です。

葉幅が広くボリューム感のある「ネギニラ」は、ネギとの交雑育種された新種です。

選び方

全体的に緑色が鮮やかで、葉先までピンとしていて、みずみずしいものが新鮮です。また、葉の幅が広めで、肉厚なものが良いでしょう。

閉じる
保存方法

ニラは乾燥に弱く、傷みやすいので、早めに使い切るのが基本です。ビニールに入れ、立てて野菜室に。早めに使い切るようにしましょう。刻んだものを醤油や味噌に漬けておくと便利です。

閉じる

 

イチゴ
イチゴ
3月ごろ

愛らしい見た目と、そのまま食べられる手軽さで人気の果物です。ビタミンCも豊富で、約7粒で1日の摂取量が取れるほど。かつては東の「女峰」、西の「とよのか」と言われ、東西で人気品種が二分化されていましたが、近年では、生産の多い各県がオリジナル品種を育成し、地域ブランドが次々に誕生しています。

洗う時は、ヘタをつけたままで。取ってから洗うと、水っぽくなり、ビタミンCが流れ出てしまいます。そのまま食べるのはもちろん、スライスしてサラダにしたり、つぶしてドレッシングにしたり、調理も楽しみましょう。

選び方

ヘタの近くまで色鮮やかでハリがあり、傷のないもの。ヘタの緑色が濃く、乾いていないものを選びましょう。

閉じる
保存方法

果実が柔らかく傷つきやすいため、できるだけ早く食べましょう。保存する際は、洗わずにラップして野菜室で。冷凍保存も可能です。洗ってヘタと水気を取ってから冷凍しましょう。

閉じる

 

ピーマン
ピーマン
5月

トウガラシの仲間で、甘味があり、楕円形のものがピーマンと呼ばれています。緑色のピーマンは、未熟なうちに収穫したもの。樹で完熟させたものが赤ピーマンで、甘みが強くなり、ビタミンCやカロテンの量も倍増します。

ピーマンが日本に伝わったのは明治初期ですが、戦後、食の欧米化とともに一般家庭にも広まりました。近年では、子供向けに苦みの少ない品種も開発されています。また、切り方でも味わいが変わり、繊維を断ち切る横切りより、縦切りにした方が苦みや青臭さを和らげることができます。

選び方

色が鮮やかで、ツヤのあるもの。肩が盛り上がっていて、皮にハリがあるものを選びましょう。切り口が新鮮で変色していないものの方がよいでしょう。

閉じる
保存方法

ビニール袋に入れて野菜室で保存しましょう。水気が残っていると痛みの原因になるので、よく拭き取ってください。刻んで軽く塩茹でしておくと、冷凍保存もできます。

閉じる

 

水菜
水菜
4月、5月

京都原産の野菜で、「京菜」とも呼ばれます。「ミズナ」と名付けられたのは、畑の作物と作物の間に水を引き入れて育てたことから。今では一年中出回っていますが、京都では「ミズナが並び始めると冬本番」と言われるほど、寒い時期に味がよくなります。

シャキシャキと歯切れがよく、クセのない味わい。肉や魚の臭みを消してくれるため、以前は、鍋物に使うことが主流でしたが、サラダで美味しく食べられることが知られたことがきっかけで全国的に更に広く海外でも有名になり、注目されています。

選び方

葉の緑色が鮮やかで先までピンとまっすぐなものを選びましょう。水耕栽培は、株が小さく味も薄いです。露地栽培は、茎がしっかりとしていて全体に量感があり、風味も強いです。いずれの栽培も、茎に傷などのない白くつややかなものが良いです。

閉じる
保存方法

葉先を乾燥させないように、新聞紙に包んでからビニール袋に入れ、野菜室で2~3日間保存できます。

閉じる

 

チンゲンサイ
チンゲンサイ
5月ごろ、10月ごろ

中国の華中地区で作られていたチンゲンサイは、日本に最も広まった中国野菜の一つです。ハクサイの仲間で、シャキシャキとしていて、ほのかに甘みがあり、煮崩れしないのが特徴。中華料理はもちろん、西洋料理にも合う万能野菜です。

栄養分の流出を防ぎ、色鮮やかに仕上げるためにはまず、チンゲンサイに塩を振って油で炒めます。しんなりしたら半分が浸かる程度の熱湯で火を通し、水を切り完成です。

最近では長さ15㎝ほどのミニチンゲンサイも登場。株のままあるいは、葉を丸ごと1枚で料理に入れるときに便利です。

選び方

葉脈がはっきりとしていて、葉や茎全体にハリがあるものを選びましょう。下部が丸みを帯びて肉厚で、ツヤのよいものがよいです。

閉じる
保存方法

湿らせたキッチンペーパーで包み、ポリ袋に入れて、野菜室で立てて冷蔵します。

閉じる

 

 

JAの無料スマホアプリ「JA 旬みっけ」

旬みっけ