JAとは

JAグループについて

JAとは

 JAとは、Japan Agricultural Cooperatives(日本の農業協同組合)の略で、農業協同組合の愛称として1992年4月から使用しています。
 JAは、人々が連帯し助け合う「相互扶助」の精神をもとに、組合員の参加と結集を基本として事業・活動を行う組織です。具体的には、農業に必要な肥料や農薬等の生産資材を共同で購入したり、農産物を共同で販売しています。
 また、貯金、貸付等の信用事業や、生命、建物、自動車等の共済事業、高齢者福祉、健康管理、旅行など幅広い事業を展開しています。
 JAの組合員資格には、正組合員(農家)と准組合員があります。農家でない方でも、それぞれのJAで定めた加入手続きに従い、准組合員として資格を得て、さまざまな事業を利用することができます。

 全体として、三角構造の、安定感のあるデザインは、「ゆるぎない大地」「日本の国土」をイメージさせ、三角形は「自然」、Aの部分は「人間」をあらわしています。
 さらに、Jの左側の円は、「農業の豊かさ」「実り」と、協同の精神に基づく「人の和」を象徴しています。
 JAの新しい色彩は、自然環境と成長を象徴し、深みのある優しさを感じさせる「緑色」JAグリーンを基本としています。

 

JAグループの組織

 組合員農家など、主として個人がその組合に出資して、組合員になっているのがJAです。そのJAが会員となっているのがJA連合会です。

 JA連合会のうち、都道府県を事業区域としているのが都道府県連合会で、全国を事業区域としているのが全国連合会です。

 連合会は、JAの事業や活動を補完するために設けられた組織です。現在、JAの広域合併が進められている中で、都道府県連合会と全国連合会との統合が進められており、都道府県共済連と全共連はすでに平成12年4月に一斉統合し、JA共済連となりました。

 また、都道府県経済連と全農との統合も平成10年10月から段階的に進められ平成22年4月現在、35都府県が統合しています。