看護部情報

教育・研修制度

| 1.新人教育プログラム | 2.継続教育プログラム | 3.専門認定看護師 |

1.新人教育プログラム

看護師としてキャリアの第一歩、ここでの経験が将来の自分たちに大きな影響を与えます。
そんな大切な時期を充実したものにできるよう、新人看護職臨床研修プログラムに沿ってきめ細やかな教育体制を整えています。
新人ならではの不安にはプリセプターがしっかりフォローし、責任をもって看護が提供できるよう職場全体で大切に育てていきます。
この第一歩が皆さんを人間としても、看護師としても大きく成長させるものと信じています。

上期

下期

広い視野で関わることが大事。経験し成長する。

 

2.継続教育プログラム

幅広い知識と教養、豊かな人間性を持ち、人々から信頼される自立した看護職を育成するために、継続教育システムを整備しています。
どのような看護師になりたいか、どのようなキャリアを目指すのか本人の意思を確認してサポートしますので、自分らしく成長することが実感できます。
前向きに明るく楽しく学び看護できるよう職場環境を整えていますので、看護の喜びがきっと見つかるはずです。

6病院共通の「キャリア開発ラダー」により、どの病院でも充実した教育プログラムを整備しています。
専門職業人として看護に誇りを持ち成長していけるよう組織全体で支援しています。

ステップアップ

 

職場全体でサポート。着実に成長できる教育体制

憧れが目標に。生命誕生の素晴らしさを実感。

 

3.専門・認定看護師

現在3 名の専門看護師と27 名の認定看護師が在籍しています。厚生連6 病院内での組織横断活動を通して卓越した専門能力を発揮し、チーム医療の推進を図っています。
また看護のモデルとして看護師の成長を助け、看護職全体のケアの質を高い水準に引き上げる役割も果たしています。これらの人材が病院の枠を越え、講演等の教育活動を展開し県内の看護職の教育にも大きな力を発揮しています。茨城県厚生連では、専門資格を取得し自己実現を目指す看護職の育成を積極的に行っています。

集中ケア認定看護師。質の高い看護ケアを目指して。

感染管理認定看護師。連携した感染対策で、安全な療養環境を確保。

急性・重症患者看護専門看護師。熟練した個別的な看護を提供。

皮膚・排泄ケア認定看護師。精神的苦痛を理解し、生活を援助。