ご挨拶

会長  
経営管理委員会会長
佐野 治

 JA茨城県厚生連は昭和23年に農協法に基づき設立され、幾多困難な途を辿りつつも公的医療機関として力強く年と共に発展を遂げ今日に至っております。
 本会は医療・保健・老人福祉事業を通じ、組合員ならびに地域住民の暮らしと健康を守り、明るく豊かな地域づくりへ貢献するという理念を掲げており、各病院とも中核医療機関として診療機能の充実と安全、かつ高度な医療を心がけ、良質な医療・保健・福祉サービスを継続して提供することを目指しています。
 日々めまぐるしく変化する社会情勢の中で損税問題、医師不足等、病院経営を取り巻く環境はますます厳しくなっておりますが、JAグループ・行政・関係団体等との関係をさらに密にし、職員一人ひとりの資質の向上と意識改革を進め課題解決を図っていきたいと考えています。
 皆様が安心した暮らしを送り、健康を享受することが出来るよう役職員一丸となって取り組んでまいりますので皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。


理事長  
代表理事理事長
小堀 信弘

 JA茨城県厚生連は、県内に6病院と2つの診療所を有し、地域に根ざした医療事業を展開しています。高度で専門的な総合診療機能を充実させるとともに、24時間体制の救急医療にも力を入れ、年間約2万件の救急患者を受け入れています。
 我が国は世界的に高い水準の保健医療を維持しており、平均寿命も世界でトップクラスの順位を保っています。今後、本格的な高齢社会に突入し、ますます医療・介護の需要増加が見込まれます。このような情勢のなか、公的医療機関として、政策医療を担い地域医療を継続していくため、6病院を2グループに分け、病院間連携による「三位一体の運営」を実施しております。厚生連全体の医療資源の最適化を図り安定的な病院経営を通じたより質の高い医療サービスの提供と高度な患者満足度の実現をさらに進めてまいります。
 最後になりますが、今後も皆様の暮らし・健康・命を守り、茨城県の医療・保健・福祉の発展のため努力を重ねてまいりますのでご支援・ご指導をお願いいたします。